information★5

information★5

美容と健康を意識するあなたの為の情報サイトです。

【大人ニキビの原因と対策】メイクが原因?ストレス性ニキビって何?

このページでは大人ニキビの原因と対策について考えていきたいと思います。

 

 

 

 

メイクをやめればニキビは治るの?

 

メイクをしている女性とすっぴんの女性のイラスト

 

20歳を過ぎてできる大人ニキビに悩む女性は意外と多いようです。

 

メイクをやめればニキビが治るという話を耳にしたことはありませんか?

 

毛穴の詰まりがニキビの原因だから、メイクをやめればニキビはできないという考え方からでしょう。

 

全く間違った考え方ではないのですが、実は大人ニキビとメイクをするしないは、あまり関係がない場合が多いんです。

 

10代の時にできるニキビの場合、過剰な皮脂の分泌が関係していることが多いのでメイクで毛穴がふさがると悪化する。悪化するからメイクを控える。といった考え方は間違いではないんですが大人のニキビの場合はちょっと事情が違うことも。

 

大人のニキビの場合、皮脂の多い額よりむしろ、乾燥しやすく皮脂の少ない顎などにできることが多く、跡が残りやすいというのが特徴です。

 

  • 10代の時にできるニキビは皮脂の過剰な分泌が原因の一つ
  • 20代を過ぎた大人のニキビは皮膚の乾燥が原因の一つ

 

極端かもしれませんが、こう見るとわかりやすいですよね。

 

皮脂が多すぎてもニキビの原因。皮脂が少なすぎてもニキビの原因に?

 

大人ニキビの原因はメイクじゃない

 

メイクの中でもファンデーションは、肌の水分維持の役割も兼ねていますので、ファンデーションを塗らない(ノーメイク)ことが乾燥の原因、つまり大人のニキビの原因の一つとも考えられるんです。

 

かといって、乾燥を避けるためにメイクを落とさないのは得策じゃありません。

 

その日のメイクはその日の疲れと一緒にきちんと落としましょう。

 

 働く女性の場合、「仕事上、メイクをしないわけにはいかないのでニキビが悪化してしまう」と思う人も多いようですが、先ほどの様に、メイクと大人のニキビは直接関係しないことが多いものです。

 

大人にできやすいストレス性ニキビ

 

仕事の書類に囲まれて意気込んでいる女性のイラスト

 

先ほどの皮脂の過剰な分泌と乾燥肌の比較は、肌の状態によるニキビの原因ですが、ストレスなどが原因で出来るストレス性のニキビというものがあります。

 

働く女性にストレス性のニキビが多いといわれていますが、ここでも先ほどのメイクをするしないの考え方の様に、「仕事のストレスでニキビができるのなら、仕事をやめない限りニキビは治らない」と考える人も多いと思います。

 

ところが、仕事をしている女性でも、ニキビに悩まされている人と全くニキビができない人もいますよね。

 

確かに職場の人間関係などが原因でストレスを抱える人は多いのですが、仕事をやめればストレスが全くたまらないというわけでもありません。

 

大人のニキビの中でも、ストレス性ニキビのできやすい人にはこのような特徴があります。

 

  • 生真面目で何でもきちんとしていないと気が済まない人。
  • 一つの価値観にとらわれやすく、物事を多角的に見れない人。
  • 他人の目を気にしすぎる人。
  • ネガティブ志向の人。

 

ストレス性ニキビの対策は、まさしくストレスをためないようにすることなんですが、現実には全くストレスのない生活を送るのは不可能ですよね。

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

ストレスを溜めない、避けるのではなく克服してみてください。

 

ココで生真面目に考えてしまっては、それこそストレス性ニキビの原因を作ってしまうのでうまく発想の転換をしてみましょう。

 

例えば職場でストレスを感じる場面があったとしたら、同じような境遇にいる人でもサラッと受け流している人もいるはずです。

 

すべてを完璧にこなすのではなく、一つくらい後回しにしてもいいくらいの「のほほん」とした考え方でよいのではないでしょうか。

 

同じ職場の人が全員ストレス性ニキビに悩んでいるわけではないですからね。

 

ちょっと考え方を柔軟にしてみるだけで、ストレスを軽減することができるものです。

 

大人ニキビの原因と対策のまとめ

 

大人のニキビの原因は、実は乾燥肌であったり、大人ニキビにはストレスが原因で出来るストセス性ニキビがあることがご理解いただけましたか?

 

ちょっとしたコツが大人のニキビ対策として有効だったりします。

 

保湿のためのメイクもやりすぎは禁物。ちょっと肩の力を抜いてリラックスを心がけましょう♪