information★5

information★5

美容と健康を意識するあなたの為の情報サイトです。

【美肌アドバイス】シミができる原因は紫外線だけじゃなかった!

このページでは、美肌作りに欠かせない『シミの原因と対策』について考えてみたいと思います。

 

 

シミの原因は紫外線だけじゃない

 

シミを気にして鏡を見つめている女性

シミ予防のキーワードは抗酸化力

 

シミができてしまう原因といえば?だれもが真っ先に思うのが、紫外線ですよね。

 

紫外線による日焼けがシミの原因になっていることは間違いないんですが、シミの原因。実はそれだけじゃないんです。

 

日焼けに注意していてもシミができてしまう人もいれば、特に日焼け対策を行っていなくてもシミができにくい人もいます。

 

その違いはどこにあるのでしょうか?気になりますよね♪

 

また、未成年の時期にはできていないシミが、20歳を超えて日焼けをしたときに突然シミができてしまうという経験をした方も多いと思います。

 

若いときにはできなかったシミが大人になってから突然できるのはなぜでしょう?

 

加齢とシミの関係

 

紫外線は肌の中に活性酸素を発生させてしまいますが、この活性酸素が肌の老化を引き起こすことで、シミやしわができてしまうんです。

 

活性酸素には、肌の組織を破壊しターンオーバー(肌の代謝)機能を失わせるほどの酸化力があります。

 

美肌のためには「百害あって一利なし」のように思われる活性酸素ですが、その強い酸化力で体の中に入り込んだ細菌やウイルスをやっつけてくれる頼もしい物質でもあるんです。

 

つまり、適度な量なら健康維持に役立つ存在。過剰に発生してしまうことが問題となるわけです。

 

この様に過剰に発生した活性酸素の働きを阻止(除去)する仕組みが、抗酸化力です。

 

抗酸化力はもともと私たちの体に備わっている機能なのですが、年齢を重ねるとともに低下してしまう性質を持っているんです。

 

未成年の時期にはできなかったシミが、20歳を超えて大人になるにつれてできやすくなってしまうのは、加齢によ抗高抗酸化力の低下によるものです。

 

体の中で抗酸化力を発揮しているのが、エストロゲンなどの女性ホルモンや各種ビタミン類なのですが、これらの量や働きには生まれつき個人差があります。

 

すなわち、もともと備わっている抗酸化力の働きが活発な人のほうが老化(肌の老化)が遅くなりますが、加齢などで抗酸化力が低下することは防げないのです。

 

高酸化力を低下させない方法

 

喫煙している女性とお酒を飲みすぎた女性

 

体の中の抗酸化量は、若さのバロメーターそのものだといえます。

 

若さを保ち、美肌を維持するためには規則正しく健康的な生活を送ることが大切かつ重要です。

 

それに加え、抗酸化力を持つ食品を積極的に摂取することも必要です。

 

逆に、喫煙や過度な飲酒、ストレスなどは活性酸素を発生させていまう要因となります。

 

タバコを吸う人と吸わない人。ストレスをため込みやすい人とそうでない人では肌の健康維持に大きな差が出てしまうものです。

 

 

シミ対策のまとめ

 

シミができる原因は、紫外線だけではないことがお判りいただけたと思います。

 

日焼けによるシミ対策として日焼け止めを塗るように、抗酸化力を高めることもシミ対策として大きな効果があります。

 

喫煙や過度な飲酒を控えることや、抗酸化食品を積極的に摂取することで抗酸化力はアップできます。

 

また、ストレス軽減のために睡眠時間もしっかり確保してくださいね♪

 

 

 

鏡を見て微笑んでいる美肌女性