information★5

二人三脚のブログ

ネットで見つけたいい商品を紹介するブログ

二人三脚のブログ

【美肌アドバイス】シミができる原因は紫外線だけじゃなかった!

このページでは、美肌作りのアドバイスとして『シミの原因と対策』について考えてみたいと思います。

 

困ったわ・・・最近シミが増えちゃったみたい・・・?

 

ちゃんと日焼け対策してないからだよ。

 

失礼ね!紫外線対策は人一倍気を使ってるのよ!!

 

ちょっと待って。シミの原因は紫外線だけじゃないのよ!

 

え?本当?肌美先生~どうすればいいの~~

 

いい?外側からのケアだけじゃ不十分なのよ♪

 

✔point キーワードとなるのは体の中の高酸化力という仕組みです。

 

 

 

シミの原因は紫外線だけじゃない

 

シミを気にして鏡を見つめている女性

シミ予防のキーワードは抗酸化力

 

シミができてしまう原因といえば?だれもが真っ先に思うのが紫外線ではないでしょうか?

 

紫外線による日焼けがシミの原因になっていることは間違いないんですが、シミの原因。実はそれだけじゃないんですよ。

 

日焼けに注意していてもシミができてしまう人もいれば、特に日焼け対策を行っていなくてもシミができにくい人もいますからね。

 

その違いはどこにあるのでしょうか?気になりますよね♪

 

それに、若い未成年の時期にはできなかったシミが、20歳(はたち!)を超えて日焼けをしたときに突然できてしまうなんてことも。

 

年齢(加齢)とシミの関係

 

紫外線は肌の中に活性酸素を発生させてしまいますが、この活性酸素は肌の老化を引き起こす大きな要因になっています。

 

ある日突然シミができてしまうわけではなく、目に見える前から体の中にはシミの原因が潜んでいるわけです。

 

活性酸素には、肌の組織を破壊しターンオーバー(肌の代謝)機能を失わせるほどの酸化力があるので、肌の健康には必要ないと思うかもしれません。

 

美肌のためには「百害あって一利なし」のように思われる活性酸素(>_<)

 

そんな活性酸素ですが、強い酸化力で体の中に入り込んだウイルスなんかをやっつけてくれる頼もしい存在でもあるんです。

 

つまり、適度な量なら健康維持には欠かせないうれしい存在なんですが、過剰に発生してしまうとやっかいな存在となってしまうんです。

 

ここでキーワードとなるのが「抗酸化力」です。

 

過剰に発生した活性酸素の働きを阻止(除去)する仕組みが抗酸化力です。

 

抗酸化力は、もともと私たちの体に備わっている機能なのですが、年齢を重ねるとともに低下してしまう性質を持っているんです。

 

未成年の時期にはできなかったシミが、20歳を超えて大人になるにつれてできやすくなってしまうのは、加齢によ抗高抗酸化力の低下によるものです。

 

体の中で抗酸化力を発揮しているのが、エストロゲンなどの女性ホルモンや各種ビタミン類なのですが、これらの量や働きには生まれつき個人差があります。

 

すなわち、もともと備わっている抗酸化力の働きが活発な人のほうが老化(肌老化)が遅い傾向にあるということになります。

 

ですが、生まれ持った体質なので仕方がないと諦めり必要は全くありません。

 

高酸化力を低下させない方法

 

喫煙している女性とお酒を飲みすぎた女性

 

体の中の抗酸化量は、若さのバロメーターそのものだといえます。

 

若さを保ち、美肌を維持するためには規則正しく健康的な生活を送ることが大切かつ重要です。

 

そのためには、抗酸化力を持つ食品を積極的に摂取することが有効策だといえます。

 

食物に含まれる抗酸化物質

 

※ORAC(オーラック)⇒抗酸化物質

 

食品 ORAC 食品 ORAC
プルーン 57.7 イチゴ 15.3
レーズン 28.3 ほうれん草 12.6
ブルーベリー 24 すもも 9.5
ブラックベリー 20 サツマイモ 2.6
ニンニク 19.4 キャベツ 2.6
ケール 17.7 レタス 2.2

引用サイト → https://www.nutri.co.jp/

 

上の表内で書いている食品は、抗酸化食品と呼ばれている代表的なものですが、どれもスーパーなどで手軽に購入することができるものばかりですよね。

 

極端に意識する必要はありませんが、毎日の食事に少しずつ摂り入れてみてはいかがでしょうか。

 

逆に、喫煙や過度な飲酒、ストレスなどは活性酸素を発生させていまう要因となります。

 

タバコを吸う人と吸わない人。ストレスをため込みやすい人とそうでない人では、肌の老化に明らかな差がでてしまいます。

 

 

kosikake.hatenablog.com

 

 

シミ対策のまとめ

 

シミができてしまう原因の一つとして、紫外線を否定することはできないのですが、紫外線予防はあくまでシミ対策のひとつです。

 

シミができる要因は、体の中にもあるということを意識してみてはいかがでしょうか。

 

日焼けによるシミ対策として日焼け止めを塗るように、抗酸化力を高めることもシミ対策として大きな効果があります。

 

喫煙や過度な飲酒を控えることや、抗酸化食品を積極的に摂取することで抗酸化力は大幅にアップします。

 

外側からのダメージ対策と、内側からの抗酸化量をアップさせる合わせ技でのシミ対策がおすすめです。

 

 

 

 

鏡を見て微笑んでいる美肌女性